河童の川流れ

アニメ・小説・マンガをこよなく愛する怠け者のニッキ。若干腐女子よりの意見をさらしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何故か眠れなくなってしまった為、久々に日記。
最後に書いたのが去年というあたりでどうなのかとは思いますが、まあコレからは真面目に書こう。
それにしても、いきなり心臓バクバクいってちょっとあせった。
疲れてるはずなのに一体なんだろうな。。。。


さて、タイトル通り最近やたらと映画を見ているのでそれについてうす~い感想。
所詮たいした知識もない、not知識人なものでたいしたことは書いていませんがネタバレは含んでいます。
よろしければ続きからどうぞ。

ちなみに、最近見たのは「アリスインワンダーランド」と「トリック」と「グリーン・ゾーン」です。



ではまず「アリス」から。

不思議の国のアリス続編。しかもジョニーディップがマッドハッターとして出てるってことで
色々期待していたのですが・・・・・。う~ん。

いや、面白くなかったわけじゃないんですけどなんか物足りない!!

シンデレラ2を見たときほど酷くはなかったですが、なんか2作目っていまいちなんですよね~ディ○ニー。

んで、この映画で初めて3Dというものを見たのですが・・・・これもちょっと。。。。。。
ちゃんと理解してなかったからかもしれませんが、これ飛び出してくる意味あんのか?と若干思ってしまい
ました。猫がでてくるとことか、アリスが穴に落ちていくとことかは3Dの感じ出てて良かったんですけど
全体的にとにかく暗い!!鑑賞中ちょっと疲れて3D用メガネはずしたらえらい鮮やかな画面で
どうせなら2Dで見ればよかったとか思ってしまいました。

内容としては、赤の女王がやりたい放題なんでアリスが倒しに行くって感じだったのですが、なんで
最後マッドハッターとちょっといい感じになってしまうのかとか色々気になってしまいました。
んで、最後現実に戻ってからの独女宣言にもにた独立心旺盛なアリス。かわりものって事を考えたら
そこまでおかしな行動ではなかったのかもしれませんが、空想好きとかいう子供の頃の設定は一体・・・・。

全体的に綺麗な映像でしたが、私にはちょっと物足りなかったです。


二つ目「劇場版TRICK」

これはあいもかわらずな上田と山田のぐだぐだ間がたまらんです。
そしてお約束の小ねた満載というのがTRICKファン的には満足でした♪
先日テレビで放映されていた二時間ドラマのほうのネタもあったので見逃さんでよかったとおもいます。
もし見に行く方がいたら、ドラマ見てからのほうが良いかと思われます。

さて、内容というか突っ込みどころなんですが・・・・・・
最初っから突っ込みどころありすぎてとりあえず箇条書きで。。。。

・これは別ねたですが、過去の上田にたいして「殿の息子がおしのび~」とか言う会話のとこで
そういや上田の中の人も殿だったとかおもってなんか・・・・・ww

・野際さんの「紀伊半多ー」は卑怯すぎます!紀伊半までで「紀伊半島?」とか普通に思ってたけどコレ
トリックだったわww

・てじなーにゃが大人になってる!!!

・バスの運転手が山ちゃん!!

・松平健+白馬=?? 殿なにやってるんですか!!
 移動手段で馬って!しかも白馬!はっ!!じゃねえよww

・矢部今回なんかしたっけ??ああ首伸びてたな。。。

・アダモちゃんは久々でちょっとなつい!

本当はもっとあるのですがおっきいのはこれくらいですかね。いやもっとあるんです。本当にww

本編的には結構ディープなお話なんですが、最後が相変わらずのほのぼのエンドでwwまあこれぞ
トリックだなとはおもいましたけどね!!
にしても、上田はいつになったら山田に告白できるんだ??
「すき・・・・・・・・すき焼き」ってあんた小学生かよ!!でもこんな二人がみててによによしてしまいます。


んで三つ目「グリーン・ゾーン」
内容は・・・・・やふーさんかなんかで見ていただければ。
内容よりもまず、映像について。
「あなたは前線に」とかいうキャッチフレーズらしいんですが、とにかくぶれまくってて一体どういった
場面なのか若干わからんところ多数。大まかに見ている分にはいいのですが、ドキュメントではない
いちおうただの映画なのにちょっとやりすぎな感じがしました。戦場カメラマンの映像っぽくしてるってのは
よく分かるのですが、ほんま見にくいです。あまりにもぶれぶれなんでちょっと酔いそう。。。。。

内容については、大量破壊兵器の有無を戦争前に知りながら、無いという事実を隠蔽して戦争をおこしたという
ことを主人公が気づくって感じです。うまく説明できてませんね。本当に馬鹿ですみません。
えっと、ながれは以下の感じ・・・

主人公(米兵)が大量破壊兵器を探しにいくも、毎回毎回ハズレ。

    ↓

この情報おかしいんじゃね?
   
    ↓

上司に聞いてみる→「ゴラァ!お前は黙ってやってりゃいいんだよ」
    
    ↓

でも、なんかへん。情報屋がなんかあやしい。

    ↓

あれ、あの高官がうそついてんじゃね?つか黒幕??

    ↓

証言させるためイラクのえらいさんを保護しにいく

    ↓

結局なんもできないままEND

    ↓

だけど、事実を記者に情報ソースとして流す。
 
    ↓
    終了

といったかんじですかね。

それにしても、ちょっと悪意すら感じるたなぼた展開で呆れてしまった。
あと現在の我々は、イラクには大量破壊兵器が無かった事を知っているわけでそれを今更
隠蔽しているやつもいたけど事実を公表しようとしたやつもいた的なヒーロー映画に仕立て上げられても
どうも釈然としない感じです。
主人公がこの事実に気づいていくのも、妙に偶然が重なりすぎてるしそれに事実を隠していたのが1人の高官
っていうのも、なんだかね。そいつ一人が悪かったからアメリカは悪くないみたいな感じなのがいただけません。
そして、ドキュメントな内容だけどただの映画なんで、そこまで不快に感じなくても良かったのかもしれませんが
内容考えるとどう考えてもドキュメント色満載なため、ただのヒーローものとしても受け入れがたかったです。
大体これをイラクの人が見たらどんな気持ちなんでしょうね。。。。。
アメリカの人も、コレを見てやっぱりアメリカは正義とでも思うんでしょうか??
所詮架空のお話とはいえ、コレを見てアメリカって国のずうずうしさに嫌気がさしてしまいました。

事実じゃないけど、真実はどうだったのかと考えるという意味では、緊迫している世界情勢的によいのかも
しれませんけどね。


さて、最後はなんか愚痴っていうか危険な批判になってしまいましたが、とりあえずこんなかんじです。
映画なんて前に見たのはハリポタだったので凄く久々なんですが、二週間に3回とか連続して見すぎ!
でも現実逃避にはもってこいなんで、来月も見に行きたいと思います。それでは。
スポンサーサイト
テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック
この記事のトラックバックURL
http://kawanagare.blog29.fc2.com/tb.php/260-77b41cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。