河童の川流れ

アニメ・小説・マンガをこよなく愛する怠け者のニッキ。若干腐女子よりの意見をさらしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。
とりあえず、GW中に行ってきた宇治の写真なんぞ載せて見たいと思います。
凄い前って言う事はわかってるんですけどね、とりあえずですよとりあえず。


一緒に行ったIさんはその次の日あたりにニッキに上げられていたのにこの体たらく・・・・・。ちょっとは見習って見たいと思ってたのに今かよ!!!


さてさて、とにもかくにもGW中暇だった事もありまたもや寺社仏閣めぐりです。
相棒はいつものIちゃん。本当にいつもありがとう。
今回はIさんの希望もあり私も行った事がなかったので宇治にいってきました。
宇治といえば・・・・・まあ平等院ですよね。今年は暑かったり寒かったりで藤の枝ぶりや咲きぶりがあまりよくなかったので華はあんまり楽しめなかったのですが、やっぱり美しい建物をみて和みました。

宇治藤

宇治平等院


こういう建物を見るにつけて、本当に昔の人のセンスに驚かされますよ。
宇治平等院橋


あの10円玉に書かれている鳳凰殿とその周りにある阿字池にかかる橋なんて凄い綺麗で、極楽浄土の宮殿がモチーフとか言われてもすげえなっとくできます。

ちょっちながいのでとりあえずたたんでみました。
平等院には鳳翔館という美術館のようなものがありまして、その中にあの金色の鳳凰が一対いましたよ。近くで見ると意外と大きくなかったのですが、なんていうかちょっとかんどーーーした。
んで、そこには雲中供養菩薩という26体のいろんな表情・動きをした菩薩がいましてどうやら極楽浄土の様子らしいです。その中で私の実家のほうでお祭りなどで使われていた楽器”ささら”をもっている菩薩がいてちょっと親近感沸いてみたりしました。なんか名前は違っていましたがあれは確実にささらだ!!!!!

宇治架け橋


この橋を渡ったところに、源氏物語の「浮舟」の像がありました。若干逆光気味ですが・・・・・。

宇治源氏像


源氏物語は凄い好きで、中学生の頃お約束のようにあさきゆめみし読んで、そしてうっかり原本読んだ経験があります。今考えると結構真面目だよな・・・・・。ただ、お約束というか宇治10帖はかなり切ないのであんまり好きじゃなかったんですよね。そのため一体誰が身を投げたのかとかあんまり覚えてなくって、この後に行った源氏物語ミュージアムでの映画でようやく思い出した始末。本当にすきだったんかちょっと疑問になってきたぞ。。。。

源氏ミュージアムについても語りたいのですが、相当あほな事をしてぶっちゃけ映画以外何も見てません!!!!←アホ。
あつくって、のんきに喫茶店は行ったらお約束のように長話。うっかり閉館時間になってしまい・・・・・・・・・・orz
まあ、次回訪問した時はゆっくりみてやるからな!!!!ちくしょーーーーーー!!!!


というわけで、まったく説明になっていない宇治記でした。

次はどこいこかな~☆
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawanagare.blog29.fc2.com/tb.php/215-5354d747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。