河童の川流れ

アニメ・小説・マンガをこよなく愛する怠け者のニッキ。若干腐女子よりの意見をさらしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。
最近まったく書いてないのでちょっと更新してみます。


開催期間が終わってしまって見れないと思っていたタクミくんの映画。。。
実は最後の日を勘違いしていたらしく、なんか調べたらまだやっていたので見てきました~♪♪
アレだけ見たがっていた映画なのに何故こんなにローテンションなのかは・・・・・・・おいおい知ってください・・・・・。


某所に見に行ったのですが、ぶっちゃけ映画館だと気づかなかった・・・・・!!
しかも気合入れていったためかもらった整理券の番号が3番・・・・・。おいおいおいどういうことだよ!しかも結果的に8人くらいしかいなかったしな・・・・・・・。
こんな友達とDVDを見るくらいの勢い及び人数で映画見たの初めてです。それにちょっと感動したよ!


さて、感想なのですがところどころ行き過ぎた表現があるかもしれませんが個人の感想なんで大目に見ていただけたら幸いです。
怒らない人だけ見てください・・・・・。

















それでは感想です。
お話は1巻と2巻をまあぐちゃまぜにしてとりあえず時間内に納めた感じです。
個人的にはくっつくまでの描写をもうちょっとゆっくり描いて欲しかったな・・・・。
いやね、BLなんてくっつくまでがドラマティックだと思いませんか??いやあの話はくっついてからもいろいろあって面白いんですけど、あそこまでくっつくまでをないがしろにされた話見たこと無い!!!!(他のBL映画見たわけであれなんですが・・・・・)
とりあえず、脚本アリエナイ!!俳優さんたちは努力してました。ただ若干棒読みでしたが・・・。
出会いから音楽室までの流れが酷いぶったぎられかたをしたため、なぜ恋人に成れたのか、いつのまにくっついたのか原作知らないと全くついていけない仕様。
一緒に行った北村も「いつのまにくっついたん?」とか聞いてくる状況って!!!!
しかもお金かけなさ過ぎて学校と寮が明らかに違う場所!!!
寮の部屋もコテージ借りてます!っていうのが丸分かりでちょっと萎えました。。。。。
こんだけ原作を無視するのならなんでこれをわざわざ作ったんだよ!(泣・泣・泣)



知ってる人にとってあの映画は実写ダイジェストだと考えるとまあ有りな気もしますが、せっかく映画なのにぃぃぃぃぃ。



さて、映画のつくりの話はおいといてキャスト様たちの感想

キャストに対して悪意のないツッコミ(゜゜;)\(--;)


※原作(二次元)と実写(三次元)を比べること自体間違ってるのはもとより承知。お怒りメール苦情メールは勘弁してください。



実写の立ちい振る舞いをみて、ギイは本の中だけで存在する王子様だと深く納得しました。つうか、漫画では許されるお約束の動きも、普通に人がやるとこんなに痛い事になろうとは思いもよらなかった!!!!
テニスくらい非日常的な動きの原作の方が実写してもあまり違和感なくみれるんだな・・・。



ギイ・・・見た目はやっぱりかっこいい!ギイかと言われると悩むが、あんな人いないからな~。あとタクミくんとの慎重さは秀逸!!!キャスト選んだ人はえらいっす!ただ細いな(笑)ベットシーンで思ったのですがタクミくん役の彼、意外といい体つきだったのでギイさん負けてませんか??とか思ってしまいました~。


タクミ・・・もっとクール系だとおもったのですが、ちょっとぼんやりさんキャラになってました。良くも悪くも、話ぶった切られている事でセリフが繋ぎ繋ぎのため棒読み・・・・・。でもあの流れで感情深くといっても無理だろう!ということで役者さんたちに非はないと思います。
ともくんはめちゃめちゃ可愛かった~♪♪顔とか肌とかメチャ綺麗で本当にいけないものを見ている気になります。というか出ている子達に対してなんか「ごめん」ってかんじです。


赤池・・・・・彼は赤池だった!それだけはいえる!でもね、ギイとの関係性がちょっとうすかったので、ただの小姑でしかなかったのは残念。。


泉&吉沢・・・泉がおもいのほか痛い子になってた!!しかも吉沢も最初っからLOVELOVE満開でちょっとどうしようかと・・・・・・(どうもしない)あんなにもはっきりとした態度が取れる吉沢だったら、あんなにくっつくまでにじかんかかんないよな~とか思ってしまいました。でも泉のくっついたあとの笑顔は最高にキュート♪♪


そしてダークホース(笑)井上佐智!!!!!!
この方のシーンメチャ長いんですけど(苦笑)いやかっこいいし大好きなんですけど、お話的にはそこまで時間とらなくっていいんじゃないのか!?むしろ音楽室のシーンをもうちょっと大切にして欲しかったよ・・・・・・・・。ただ王子様はやはり何を演じても王子様でした。
映画を見て思ったのは、やっぱり成長著しいなということです。佐智のイメージを厳密にあらわすとしたら、テニミュで始めてみたときくらいの細くて折れそうな彼だとおもいます。今の彼は綺麗ですがやはりしっかりした骨格。見た目的に残念・・・・・・ですが、貫禄って言う意味だったらやっぱり今の相葉くんでないとないと思うのでキャストは成功だったと思います。




だらだらと思ったことを繋げてしまいましたが、とりあえずやっと思いを書くことが出来ました。
二次元と三次元。相容れないわけではないですが、実写化という事は難しいのだな・・・・と深く考えさせられた映画でした。というか、長い話を映画で作るのはやっぱり無理があるのだともおもいました。
でもまあ、美形で目の保養をしたいと考えられている方にはたいそうお勧めなので、どうぞ☆
それでは乱文失礼しました~。。。


















スポンサーサイト
テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawanagare.blog29.fc2.com/tb.php/205-cc760c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。