河童の川流れ

アニメ・小説・マンガをこよなく愛する怠け者のニッキ。若干腐女子よりの意見をさらしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
階段・・・・ではなく







怪談ではないでしょうか??





そして行ってきました怪談之怪with幽



怪談は昔から好きで、本とか読んでいたんですがやっぱり人が話してるのを聞く方が怖さ倍増でいいですよね。。。私が話すとうまく伝わらない上ネタを先に話ちゃったりして、いまいち怖くない。というか面白くできない!!!

今回は京都で行なわれた怪談之怪。京極先生もお見えになって朗読されるという事でますます気合が入りました!!!



だって、 
京極夏彦様ですよ!!!!


もう、京極堂シリーズ大好きで9月26日に新刊「邪魅の雫」が出るって聞いて大興奮なところにこのイベント!嗚呼大興奮!!!


京都に着くも相変わらずのんきにことを運んでいたため、京都駅についた時点で開始15分前・・・・・・。最悪ですな・・・・。
タクシー乗ろうと並んでいたら、後ろの方々(40歳台?)も同じ場所に行くような話をしていらしたので、ナンパして一緒に乗っていきました★しかも、私が誘ったのにタクシー代出してもらってしまった・・・・・。本当にこんなところ見ていないとは思いますが、ありがとうございました!!!「招待で来たから、ここはもつよ。あなたはチケット買ってきているんでしょ?」って。。。。。大人だ。本当の大人がいる・・・・・。



そんな心温かい事があったのもつかの間、始まりました怪談之怪!!

もっとおどろおどろしい事になるのかと思ったら、そんなことはなく結構淡々と怪談についてお話されているといった感じでした。
最近あった出来事など、普通に話されていますが、すっごい怖い!!!
京都の怪というお題でのお話も、それはそれは情緒のあるものばかりで、背筋がぞっとしたりもしました。


怖さのベクトルについてもお話されていましたが、「なるほどなーーー」という感じで、ためになりましたね。


会場を出て外の空気に触れた瞬間、自分がどんだけ冷えていたのかよくわかりました。冷房効いていたって言うだけじゃなくって本当にぞくっとするお話がいろいろ合ったためだと思いますが・・・。


怪談の奥の深さを改めて知った一日でした・・・・・。




なんかお札っぽくって写真取れないんですが(←びびり)怪談の怪のパンフレット!!おみくじ形式で裏に誰かのサインが入っているという事で、運試しで引いたら、京極先生大当たり★やったーーーー!!

そして、小話。
タクシーに乗っている最中、前にもタクシーがいてその後ろの窓に「百鬼夜行」という文字が・・・・。「あっ。百鬼夜行」と私が思っていると後ろに座ったご夫婦も「あっ百鬼夜行」。。。。。。皆、何歳であっても同じ穴の狢ですね。。。



スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawanagare.blog29.fc2.com/tb.php/114-2fcb6bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。